INFORMATION

ブログ

ボルボ V90 / V90 Cross Country「2018年次RJCカーオブザイヤー・インポート」他、受賞

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村隆之)の「V90 / V90 Cross Country」が、NPO法人日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(略称:RJC)主催の、今年最も優れた輸入車に与えられる賞である「2018年次RJCカーオブザイヤー・インポート」を受賞しました。昨年の「XC90」の受賞に続き、2年連続での受賞となります。

ボルボの受賞は昨年の「XC90」に続き2年連続となり、2014年の「V40」以来、通算5回目となります。
90シリーズは、ボルボ・カーズの次世代プラットフォームであるスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)とパワートレーン、ドライブ・イー(DRIVE-E)を採用した次世代ボルボブランドの幕開けとなる車です。

https://www.vcj-press.jp/pressrelease/20171116-1



ボルボ・カー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村隆之)の「S90 / V90 / V90 Cross Country」が、2017-2018年次(2016年10月21日から2017年10月20日)に発表された輸入乗用車の新型車のうち、最も優れたモデルに与えられる「2017-2018日本自動車殿堂インポートカーオブザイヤー」(主催:特定非営利活動法人日本自動車殿堂)を受賞いたしました。

同賞の受賞理由は以下の3点です。

■ より洗練された孤高の北欧調スタイリング
■ 15種類以上の運転支援技術を標準装備
■ EV自動運転を見据えた新世代プラットフォーム

※特定非営利活動法人 日本自動車殿堂の受賞理由から引用

90シリーズは、将来の電動化やコネクティビティ、自動運転等を見据えて開発された新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」と、自社開発の新世代パワートレーン「DRIVE-E(ドライブ・イー)」を採用しています。

https://www.vcj-press.jp/pressrelease/20171116


クラシックボルボ・リフレッシュプロジェクト、「RJC特別賞」受賞

本年はRJC特別賞が設定され、「名車のレストアサービス」として、自動車文化の向上に寄与したボルボの「クラシックボルボ・リフレッシュプロジェクト」が、マツダの「初代ロードスターのレストアサービス」とともに受賞いたしました。

クラシックボルボ・リフレッシュプロジェクト(Llink)」では、オーナーの方が安心してボルボの旧車に乗り続けられるようサポートする「ボルボ・クラシック・ガレージ」という取り組みを実施しているほか、P1800のレストアや850 T-5R、240シリーズのリフレッシュレポートなどの情報発信を行っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED http://www.volvo-tohoauto.com/news_chiba/feed?feed=rss